訪問看護師の仕事の内容

訪問看護師は、ヘルパーの出来ない医療行為を一人で行います

最近では看護師の勤務形態も多種多様化してきました。以前のように病院で働くだけでなく、企業内や各種保健施設でも職場があります。看護師の職場が増えた背景には、比較的短い期間で病院から退院し在宅で療養する患者さんの増加があります。そして増加する在宅患者さんに必要な医療処置、ケアを提供するのが訪問看護師という仕事です。

訪問看護師の業務内容は多岐にわたります。しかし主なものは、かかりつけ医の指示書にしたがって医療処置を行うことです。現在では在宅で生活しているひとは、医療保険や介護保険を使ってさまざまなサービスをうけられるシステムになっています。生活上の支援や介護サービスに関してはホームヘルパーが対応していますが、医療行為はできません。訪問看護師は介護サービスではカバーしきれない、医療行為の部分をサポートするのが大きな役割なのです。

通常、訪問看護師は訪問看護ステーションに所属し、そこから派遣される形で各利用者宅へいきます。訪問看護ステーションは、病院内に併設されている事もありますし、最近では企業が運営するところも多くなってきました。いずれにせよ、訪問看護師は基本的に1人で利用者さんの自宅に行き、1人で指示書にある処置をします。

この点が、病院勤務の看護師と訪問看護師の仕事の非常に大きな違いだと言えます。病棟では看護師はつねにチームで仕事にあたります。看護師一人当たりが担当する患者さんの数は多いけれども、不明点があればすぐにナースステーションで確認がとれます。また医師の指示を確認したい場合も比較的短時間でできるでしょう。何よりも看護師相互のチェック機能が濃厚に働いているので、事故防止については徹底したシステムが作られていると言えます。

訪問看護師は1人で現場に行き、必要な処置をしてこなければなりません。時間に追われているのは同じですが、1人でおこなう場合は事故を防ぐため技術的に難しい手技でなくても通常以上の目配りと確認が必要です。つねに何度も確認をして、利用者さんの安全を確保します。

また個人宅は病院と違って医療機器もそろっているとはいえません。点滴スタンドがなくてもハンガーなどで応用するといった柔軟な姿勢が求められます。

このように訪問看護師は、病棟での看護業務と違う部分がたくさんあります。しかし利用者さんと継続的に、きめ細かく対応できるという意味で非常にやりがいのある仕事です。看護師の仕事の一つとして今後も需要が伸びていく分野でしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る