訪問看護師に必要な資格

訪問看護師も、認定看護師などの資格を持つとさらに活躍できます

病院や企業、各種保険施設などで働く以外の看護師職場として、注目されているのが訪問看護師です。訪問看護師は在宅医療のサポートの担い手として、なくてはならない職種となっています。では、この仕事につくにはどんな資格が必要なのでしょうか。

じつは、訪問看護師になるために最低限必要な資格は看護師免許だけです。訪問看護師の仕事は、在宅の利用者さん用にかかりつけ医がだした指示書に従って各種看護業務及び身体ケアをおこなうことです。ですから、看護師であれば誰でもできる仕事として規定されています。

しかし現実に訪問看護師として働いていると、看護師免許以外にもあったほうがいい資格があります。いくつかあげてみましょう。

まず訪問看護認定看護師の資格です。これは看護師としての知識に加えて、訪問看護についての技術を習得し、実践できる看護師に認定される資格です。認定は日本看護協会から受けるもので、認定されるためにはいくつかの条件をクリアしなくてはいけません。

まず看護師、保健師、助産師のいずれかの免許を持っていること。その免許を取得後、臨床経験が5年以上ありそのうちの3年以上は訪問看護の仕事に従事していることです。それに付け加えて、日本看護協会認定の「認定看護師教育課程」もしくは認定看護師教育に適していると認定された各種教育機関で6カ月以上、600時間以上の認定看護師の教育課程を修了していることも条件です。

これらすべてを満たしていてはじめて訪問看護認定看護師の資格を取得できます。

認定看護師になると、訪問看護業務において利用者さんや家族に対して高レベルな看護を実践できますし、他の看護師や医療チームメンバーに対して的確なアドバイスおよび指導を出来ることになります。認定看護師は必ずいる資格ではありませんが、訪問看護師としてスキルアップしたいと思えば持っていた方がいい資格です。

それ以外には、ケアマネージャーの資格も大変有効です。実際に現場で働いている訪問看護師でも多くの人が持っている資格です。訪問看護師の仕事は大変多くの部分で介護と重なっています。ですから看護師であることに加えて介護の専門知識を持っているととても便利なのです。介護の分野で言うと、具体的な介護方法の指導や実践に加えて保険制度についても熟知しておきましょう。

つまり、訪問看護師として就職するためには看護師免許だけでもいいのですが、実務上はそれ以外の資格もあるといいわけです。在宅療養では、病院よりも他業種のひとがチームを組んで動くことになるので、仕事を円滑に進めるようにしましょう。

看護師の給料アップについての参考サイト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る