訪問看護師の役割


病院で勤務する看護師と訪問看護師には、働き方の違い、所属先の違いなどがあります。とはいっても、看護師である以上は看護が必要な人に対して医療行為をおこなうという点では基本は同じです。医師の指示に従って医療処置やケアをおこなうのが看護師の仕事ですが、病棟看護師とちがって訪問看護師に求められる役割とは何でしょうか。

それは訪問看護師が在宅で療養している利用者さんに対して処置、ケアをおこなうということです。対象が病院にいる患者さんなのか、あるいは在宅で暮らす利用者さんなのかによって、看護師に求められる役割は異なってきます。その点から考えて、大きく2つの役割が訪問看護師にとって重要と考えられます。

ひとつはフィジカルアセスメントです。身体検査技術の事ですが、問診、視診、触診、打診、聴診をもちいて、利用者さんの現在状況を確認することです。これは必ずしも医師の指示書に書いてあるわけではありませんが、一般家庭で長期療養する利用者さんに対して非常に大事なことです。

在宅で生活をしているということは、利用者さんはある程度状態が安定していると思われます。しかし訪問看護師を利用する人には、重篤な状態から回復しつつある場合や重度な後遺症を持っていることも少なくありません。そういった利用者さんは、安定しているとはいえ状態が変わりやすいというリスクがあります。訪問看護師がフィジカルアセスメントを通して、利用者さんの小さな異常を早期に発見するということが早期受診につながります。

ここで重要なのは、看護師としての感覚でしょう。「はっきりとは見えないが、いつもと何かが違う気がする」「患者さんの声の調子が弱まっている気がする」などというのは、臨床経験のある看護師であれば遭遇したことがあるはずです。そういったことが必ずしも大きな病気の予兆とは限りませんが、利用者さんにとっての危険を回避することにつながるかもしれません。訪問看護師は家族とは違う医療者としての視点から、利用者さんの全身状態を常に観察して、生命の安全と安楽を保持する役割があります。

それ以外にも、利用者さんや家族とかかりつけ医のあいだの橋渡しとして働くことも求められています。医師には話しにくいことでも、看護師には案外話してくれるものです。看護師は利用者さんとの信頼関係をもとにして、医師の指示が明確に伝わるよう、あるいは利用者さんや家族の受け止め方にズレが生じないよう説明することも大事です。その際に医師と利用者さんのあいだを円滑にするべく、言葉の使い方や伝えるタイミングも重要になってきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る