訪問看護師の医療行為と医療処置

訪問看護師の医療行為は担当医の指示で行います

訪問看護師が在宅でおこなう主な医療行為には大きく分けて医療処置、療養上のお世話、介護支援があります。具体的に見ていきましょう。

まず医療処置については、どんなこともかかりつけ医の指示書が必要になります。これは病棟勤務の看護師の場合と同じです。訪問看護師がおこなうこととしては、インシュリン注射、点滴、血行測定などがあります。点滴に関しては指示が出ることは多くありませんが、利用者さんによっては訪問のたびに必要なケースもあります。ほとんどの場合は、翼状針または留置針の抜き差し、皮下の埋め込みポートへの対応になります。

それにともなって医療機器の管理とチェックがあります。最近では、全身状態が落ちつくと早い段階で病院から在宅へ移動する傾向があります。そのため訪問看護師がうかがうお宅にはそれまで自宅になかったような医療機器が設置されている事もめずらしくありません。在宅酸素や人工呼吸器、持続点滴、膀胱カテーテルなどです。これらの医療機器が正しく作動し、利用されているかをチェックするのも訪問看護師の仕事でしょう。

利用者さんによっては、排便コントロールが必要なこともあります。とくに寝たきりのかたは便秘になっている事が多いです。そのため必要に応じて、摘便や浣腸をして排便を促します。またストーマ(人工肛門)を造設している事もありますので、その処置が必要なこともあります。ストーマのパウチ交換は医療行為にあたるので、介護のヘルパーにはできません。家族または看護師がおこなうしかないからです。また褥創管理も大事な仕事です。

療養上のお世話としては保清、洗髪、入浴介助、食事介助があります。なかにはリハビリが指示されている場合もあります。とくに稼働域がせばまっている利用者さんに対しては、拘縮予防を念入りにやる必要があります。

最後の介護支援というのは、訪問看護師ならではの仕事といえましょう。正確には医療行為には含まれませんが、非常に大切な、また訪問看護師の仕事の中では大きなウエイトを占める仕事です。

介護保険を利用して訪問看護師のサービスを受けている利用者さんには認知症の症状がある場合がとても多いからです。介護をしている家族に対して、事故予防の工夫や運動機能低下を防ぐアドバイス、介護方法の指導などがあります。利用者さんと家族にとって必要と思われる情報を提供することも訪問看護師の大事な仕事です。

いずれにせよ、訪問看護師のおこなう医療処置はすべてかかりつけ医の訪問看護指示書に従います。事前に指示があるので、ケアや処置について準備ができるのが大きなメリットです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る